ここでは転職を考えている方、そして転職活動を今現在している方に向けて、転職に関しての情報をご案内しています。

転職とは、現在就労している職場を変えて、新たな雇用主と契約を結ぶことを言います。同じ職種の場合にも、雇用主が変わればそれは転職です。自分のキャリアの向上のため、または職場環境の向上のために仕事を変えることは今では珍しくなくなりました。

私たちは、人生の長い時間を仕事場、または仕事に使っています。たとえば、月曜日から金曜日まで、8時30分から5時まで、私たちは仕事をして過ごしているのです。私たちは自分の人生の半分以上を仕事についやしていると考えても過言ではありません。この様な長い時間を費やす仕事を充実したものにすることはとても大切なことです。今、自分が従事している仕事に納得いかない、つらい、自分には他の仕事が合っていると思っている方、自分がどのような仕事に向いているか、また自分自身を探すためにも、転職してまだ見ぬ自分の可能性を試してみてはいかかでしょうか?

仕事には様々な形態があります。日本の雇用スタイルは終身雇用が主流でしたが、1991年のバブルの崩壊後には、大手企業においても終身雇用のスタイルは少なくなりました。現在、欧米やヨーロッパに比べれば日本の転職率は低いものですが、確実に転職のニーズは高まっています。仕事の従事の仕方も、正社員、アルバイトやパートタイムがあり、最近では派遣労働などのスタイルも増え、多様なものになっています。また、独立してフリーで仕事をする職種などもあります。自分の目指す仕事や生活スタイルに合わせて、仕事のスタイルも見直してみるといいかもしれません。

日本では長期雇用を重んじる伝統があり、転職に関してまだまだ偏見が残っています。転職は3回まで、と言われる様に転職を3回以上するとビジネスキャリアに不利になると思われていることもあります。しかし、その転職がスキルアップに繋がっている場合には必ずしもビジネスキャリアに弊害を及ぼすというものではありません。より将来性のある仕事、条件の良い仕事を求めてキャリアアップを目指すのはごく自然なことです。現在では仕事のあり方が多様化している様に、仕事に対する考え方も多様化しています。

自分のワークライフバランスをよく見極め、充実した生活を送れるように、転職も一つの選択肢として考えてみましょう。